ブラジャーのお手入れは正しい洗濯の基本を知っておけばOK

Inner-Manual

ここがダメ!ブラジャーの取り扱いにおける5つのNG

ワイヤーが折れた状態(寿命)がきても使用する

バストメイクをするワイヤー部分は、折れた状態になると美しいラインを作ることはできません。また、折れたままになっていると生地からワイヤーがはみ出して肌を刺激することになるので、傷ができてしまうこともあります。ワイヤーが変形したり折れたりしていたら、買い替えのサインなのでそのまま使用しないようにしましょう。

汚れたまま何度も繰り返し使う

じかに触れることになるブラジャーやショーツは、垢や汗ジミなどの汚れが付着します。これを洗濯せず放置していると菌が増殖することになるので、臭いや肌トラブルの元となるでしょう。下着は清潔なものを身につけることが基本なので、使用したら必ず洗濯をして綺麗にしておくことが大切です。

洗濯時にネットへ入れずそのまま洗濯する

デリケートな素材や構造のブラジャーは、洗濯機にそのまま入れて洗ってしまうと変形や劣化を促してしまいます。それに、ホック部分が他の衣類やタオルなどに引っかかり、穴をあけてしまう可能性もあるでしょう。なるべく手洗いにするか、洗濯機に入れる際は専用の洗濯ネットを使用するのがおすすめです。

洗濯してから干す時にストラップの部分に負担をかける

綺麗に洗って干す際にストラップ部分に負荷をかけると、伸びてしまいます。また、水分をたっぷり含んだ状態で干すことも、ブラジャーの構造に負担をかけてしまいます。干す前に水気をしっかり取ること、洗濯ばさみを使用する部分はカップ部分やストラップ部分に負荷をかけないことを意識しましょう。

カップ部分が潰れた状態で保管する

ブラジャーを保管する時によくあるのが、カップ部分を潰した状態で収納してしまうことです。カップ部分が潰れた状態にしていると、それが形状記憶されて変形する原因になります。また、素材によってはシワを作り見た目を悪くしてしまうことにも繋がるので、カップ部分を潰してしまわないよう綺麗に保管するのがポイントです。

下着のお手入れは丁寧に

機能性と素材を考慮したお手入れが必須

ブラジャーは、他の衣類とは違いバストラインに合わせたデザインや構造になっています。また、直接肌に触れることも考慮すると、素材と相性の悪い洗濯方法はご法度です。洗濯やお手入れの仕方をキチンと行なうことにより、何度使用しても綺麗な状態をキープできるため正しいお手入れ方法を知っておくことが大切です。

ブラジャーを洗濯するなら「手洗い」がおすすめ

ブラジャーを洗濯する際は、洗濯機よりも手洗いで丁寧に洗うのがおすすめ。というのも、ブラジャーの構造上、ワイヤーやホック、ストラップなど素材違いと機能性の違うところが多いです。ゴシゴシと強く洗ってしまうと、寿命を早めてしまうことになるため自分で手洗いの調整をした方がいいわけです。また、丁寧に洗うなら、素材に合わせてお湯の温度や洗剤タイプを変えるのもひとつ。汚れに合わせて洗い方が変えられるのも魅力です。

塩素系漂白剤は使用しない方がベター

汚れを綺麗に落とすために、衣類の洗濯で漂白剤を使用されることが多いでしょう。しかし、漂白剤には酸素系と塩素系があり、ブラジャーのような下着は塩素系の漂白剤が適していません。これは、塩素系自体が白物向きで、色柄ものに不向きであるからです。また、シルクやコットンなどのデリケートな素材は、塩素系の漂白剤で生地自体を傷つけてしまう恐れがあるため使用しない方がいいでしょう。

ランジェリー専用の洗剤がおすすめ

最近では、ファッションブランドやランジェリーショップからランジェリー専用の洗剤が販売されています。この洗剤はランジェリーを洗うことを第一優先で考えて作られているため、デリケートな素材でも安心して洗えます。また、一番女性にとって嬉しいのは、普通の洗剤とは違う洗い上がりと香りが楽しめることでしょう。綺麗に仕上がるのはもちろん、身につけている時に幸せな気分になれる香りで気持ちを高められるところがおすすめポイントです。

広告募集中